「i-IVUS.jp から PICASSO へ」

平成13年5月に「三河 IVUS 研究会」を設立して 平成14年には i-IVUS.jp と改名して現在の至りますが、一貫して IVUS を如何にして PCI に活用するかという目標の下に活動して来ました。

近年、OCT や冠動脈 CT 等の新しいイメージング法や FFR などの生理学的評価法が台頭してきて、 IVUS のみのガイドでは不十分となりつつあります。

そこで、新しい会へ生まれ変わる必要があり 以下のような名称の会へ移行することにしました。

今後も 積極的に活動を続ける所存ですので 皆様の変わらぬご支援をお願いします。

Logo
PICASSO(Physiology and Imaging Guided Coronary Angioplasty Association)

【ロゴ コンセプト】

歴史ある心血管医療の見解をクラシカルな文字スタイルで表現。 未来への展望を願うシャイニングクロスと、S で形作られた無限の追究を想像させ、診断・治療の向上を図る夢と希望を象徴しています。 基本カラーは、文字に存在感あるブラックを使用し、シャイニングクロスには未来への希望のパープルと、探究する気持ちのマゼンタに、熱意のレッドをグラデーションカラーに託しています。

2013年1月
PICASSO 代表世話人 細川 博昭